手付金の扱いは複雑



マンションの購入の契約を結ぶときには手付金が必要となるのが一般的です。手付金の金額はマンションの価格の5%から10%というのが一般的ですが、契約ごとに取り決めることになります。

手付金についてはその意味を把握しておくことが必要でしょう。基本的には預けておくという意味を持ちます。

例えば、5000万円のマンションを買うときに400万円の手付金を預けた場合には、決済の時には400万円を差し引いて4600万円を支払えば良いことになります。

契約通りに決済と引き渡しが行われるのなら、手付金の扱いはそれほど難しくありませんが、契約を解除するときの扱いについて把握しておくことが必要です。

もしも、買い手が契約を解除したいと言ったときには手付金を放棄しなければなりません。これを手付け流しと呼ぶ事が多いです。この意味では、手付金は保証金としての意味を持っていると言えるでしょう。

ただし、住宅ローンの審査にとおらない場合には、手付金を返還した上で解除できるという条項がつけられるのが一般的です。

あまり考えられないことですが、売り手の理由で契約を解除する場合には、手付金はそのまま受け取ることができ、さらに同じ金額を受け取ることができます。これが「倍返し」と呼ばれるものです。

このように、契約を解除するときには手付金の扱いは複雑になります。一般的にはこのような扱いになるのですが、その内容は契約ごとに異なっています。

ですから、手付金の扱いについて契約書の内容を把握しておくことも必要です。